REPORT

2019.05.10 Fri

桂由美ドレス&トークショー ── 会場を魅了した気高き“エレガンス”

5月2日。GW中盤のこの日、日本を代表するファッションデザイナー、桂由美氏がアクロス福岡に。自らの言葉で語ったトークショーと美しいウエディングドレスは、会場を訪れた女性たちの視線と心を惹きつけて放さなかった。

TEXT BY TAKAHIRO USHIDA

桂由美

ブライダルファッションデザイナー、桂由美氏。アクロス福岡館内アトリウムの会場でのトークショーにて。©︎ACROSQUARE

変わらない「桂由美デザイン」の新鮮さと、デザインへの情熱。

この日、久しぶりの晴天に恵まれた福岡の街は、人こそ多いものの、平日のオフィス街の喧騒は感じられず、休日らしい午後の淡い陽の光と静寂に包まれていた。ショーの会場となった館内アトリウムには、午後2時の開催を前に多くの女性の人だかりが出来ていた。
今回は、アクロス福岡2F<桂由美フランチャイジー・ブライダルハザマ>と、世界的デザイナーである桂由美氏とで実現された初のイベント。オープンなアトリウムに敷かれた赤い絨毯と優美なドレスの前には、たくさんの来場者が開催時刻を前に期待を膨らませていた。

14時、開始が告げられると、華やかで多彩なドレスを纏ったモデル達が絨毯の上に並び、観客席からは熱い視線が注がれた。
桂由美氏のトークショーが始まると、一階と二階からもその様子を見ていた人たち、スタッフも一語一句逃さぬように話に耳を澄ませ、静かに聴き入った。

White Dress Yumi Katsura
1/14
オープニングで披露された純白のウエディングドレス。PHOTO BY TAKAHIRO USHIDA
Pink Dress Yumi Katsura
2/14
クラシカルな中にも可愛さを感じられるピンク色。たくさんの花が散りばめている。PHOTO BY TAKAHIRO USHIDA
White Dress Yumi Katsura
3/14
桂由美氏。トークショーでは自身の経験談やウェディングドレスへの思いが語られた。PHOTO BY TAKAHIRO USHIDA
演奏に聴き入る女の子
4/14
オリジナリティ溢れるコーディネートは、和装であることを忘れてしまう。PHOTO BY TAKAHIRO USHIDA
ヴァイオリンとピアノによる演奏
5/14
ヴァージンロード最奥から一つ一つドレスの解説をしてくれた桂由美氏。PHOTO BY TAKAHIRO USHIDA
会場の様子(2階から)
6/14
日本伝統の花嫁姿にも、桂由美デザインのエレガンスがあった。PHOTO BY TAKAHIRO USHIDA
White Dress Yumi Katsura
7/14
着物を纏ったモデルの表情もどこか妖艶で美しい。PHOTO BY TAKAHIRO USHIDA
演奏に聴き入る女の子
8/14
会場の温度を一層上げたのはやはり並んで歩く姿だった。PHOTO BY TAKAHIRO USHIDA
ヴァイオリンとピアノによる演奏
9/14
ネックレス、イヤリングまでが一貫したデザインでコーディネートされ、花嫁の内面を際立たせていた。PHOTO BY TAKAHIRO USHIDA
White Dress Yumi Katsura
10/14
若く可憐な花嫁にとても似合うクラシカルな花柄、アシンメトリーな装飾のドレス。PHOTO BY TAKAHIRO USHIDA
Pink Dress Yumi Katsura
11/14
真近に目にしたドレスを前に、興奮して喜ぶ様子の女の子達。PHOTO BY TAKAHIRO USHIDA
White Dress Yumi Katsura
12/14
タイトシルエットで、知性さえ感じられるような大人の女性を演出する。PHOTO BY TAKAHIRO USHIDA
演奏に聴き入る女の子
13/14
花嫁に合わせて緻密に計算されたデザインは、無駄がなくどこまでも美しく、心を奪うものがあった。PHOTO BY TAKAHIRO USHIDA
ヴァイオリンとピアノによる演奏
14/14
ショーの最後に花束を受け取り、笑顔で観客に応える桂由美氏。PHOTO BY TAKAHIRO USHIDA

日本で初めてのウエディングドレスブランドを立ち上げた同氏は現在87歳。自身のブランドを考えたいた当時、「世界のウェディングファッションを調べてみよう」という考えのもと世界各国を旅することを決意し、ビザを取るために女性誌の特派員になった。取材したのはグレース・ケリー、オードリー・ヘップバーンなどの名だたる女優達。当時から本物のエレガンスを追求するためのエネルギーと行動力に溢れていた。それは現在も尚デザインや自身の価値観を語る彼女の嬉々とした表情や輝きから感じられた。
敬愛するデザイナーとの今回のイベントとを恐らく誰よりも心待ちにしていたブライダルハザマ店長の楢崎さん。以前、お話を伺った際には熱心に桂由美ブランドについて愛情を持って語ってくれ、ご自分の仕事への誇りと信念を私は感じていた。故ピエール・バルマン氏から桂由美氏へ「この世で最も美しいものは花嫁姿。毎日ウェディングドレスに囲まれているあなたが羨ましい」と語ったのは間違いなくその通りで、会場の最前列に並んだ小学生の女の子にそのお母さん、おばあちゃんの目を輝かせ、男性である私もその美しい姿をいつまでも見ていたいと思った。
店長・楢崎梨絵
モデルの女性を気遣うように笑顔で語りかける店長の楢崎さん。PHOTO BY TAKAHIRO USHIDA

今回のショーで披露されたウェディングドレス、新作の展示はアクロス福岡2F<桂由美フランチャイジー・ブライダルハザマ>にて。ドレスの試着や相談も受付中。ぜひ桂由美ブランドのディテール、本物の“エレガンス”を体験してみよう。
アクロス福岡2F<桂由美フランチャイジー・ブライダルハザマ