INFORMATION

2020.02.05 Wed

若者が夢見る建築と未来の街づくり ── 福岡大学建築展2020

今年で13回目を迎える、福岡大学工学部建築学科による卒業制作展。
今年の夏、東京オリンピックを控え、またインバウンド対策から、福岡をはじめ全国各地で都市部の再開発が活発化しています。また一方では、再開発推進の中で、歴史的な建造物や施設の解体・撤去問題も大きく報道されます。
新しい時代への変貌に向け、若い建築家の活躍が期待され、その思いを知る展示会がアトリウムで開催されます。

TEXT BY TOSHIYA ONO

福岡大学建築展2018
1/4
第11回(2018年)の状況 PHOTO BY TAKAHIRO USHIDA
福岡大学建築展2018
2/4
第11回(2018年)の状況 PHOTO BY TAKAHIRO USHIDA
福岡大学建築展2018
3/4
第11回(2018年)の状況 PHOTO BY TAKAHIRO USHIDA
福岡大学建築展2018
4/4
第11回(2018年)の状況 PHOTO BY TAKAHIRO USHIDA

福岡大学建築展2020 2月21日(金)~3日間開催

福岡大学工学部建築学科は、1964年東京オリンピック開催の年に創設されました。それから57年の時を経て、約6,000名の卒業生が建築界の様々な分野で活躍しています。その50余年の伝統を継承し、日々建築を学びアイディアを発揮する生徒の作品を、アクロス福岡アトリウムで一堂に発表するのが「福岡大学建築展2020」です。 会場では、建築設計課題における優秀設計作品から、卒業計画における優秀作品や優秀論文、さらには大学院生によるコンペ受賞作品などが展示されます。 今年2020年は、創設以来第2回目の東京オリンピックが開催されるとともに、ここ福岡をはじめ、全国主要都市が海外のインバウンドを考えた、都市機能の再開発が活発化しています。まさに日本が大きく変貌する新しい時代に向け、その一翼を担う若き建築家の考えを見る、大変意義ある機会です。 是非お誘い合わせで、若い才能をご覧ください。

開催日程2020年2月21日(金)~23日(日) 10:00~17:00
会場:アトリウム1F
主催:福岡大学工学部建築学科/福大建築展学生委員会

詳しくはホームページへ

http://www.tec.fukuoka-u.ac.jp/arch/event/2020/kenchikuten/index.html