EVENT

2018.04.19 Thu

あかり絵の世界 2018 SPRING & SUMMER ── アトリウム特設イベント

4月20日(金)から5月末にかけ毎年開催されるアーティスト「入江千春」氏による展示イベント。新たに7つの新作が追加された『あかり絵』は、懐かしい昭和の風景を舞台に子ども達が生き生きと遊びまわる様子が切り取られたアート作品。“博多弁” で題されたこの小さな舞台は、世代に関係なく見る人を自然と笑顔にさせてくれる。

アクロス福岡B1Fアトリウム特設会場

© 2018 irie-atelie

アクロス商店街プレゼンツ
<あかり絵の世界 2018 SPRING & SUMMER>
会期:2018年4月20日(金)〜5月31日(木)
時間:8:00〜22:00
会場:アクロス福岡B1F アトリウム 特設会場
料金:入場料無料
※期間中「2019年度版 あかりっ子ポストカレンダー」のご予約も会場で承っております。

<近日公開>入江千春氏インタビュー2001年より活動を続けた入江千春氏のあかり絵は、今年で17年目に入る。グラフィックデザイナー出身である入江氏が手作りした素焼き人形の子ども達は、今にも動き出しそうなくらい生き生きと表情豊か。アクロスを訪れたことがあるなら一度は「見たことある!」という人も多いであろう“アクロス人形”。作ってる人って昭和生まれのおばあちゃん?どんな性格の人?どうして子どもの人形だけなの?そんな疑問に応えるべく、入江氏へのインタビュー記事を近日掲載予定。博多の人と街を見つめて来た作者の制作への思いや素顔を覗いてみる。